唱題行(しょうだいぎょう)

・日蓮宗には特に題目をお唱えする修行法として唱題行(しょうだいぎょうがございます。他宗では体験できない日蓮宗独自の修行法です。

瞑想(安座もしくは正座での瞑想ですが、よく見る警策 【ぼう】 で叩くことは致しません)を組み込み、太鼓などの音に合わせ南無妙法蓮華経のお題目を集中的にお唱えします。日蓮宗ではお題目をお唱えする事が最上の修行法であり、無量の功徳を得る事が出来ます。

・唱題行は瞑想により、心身の落ち着き、安らぎを得、大きな声でお題目をお唱えする事で、ストレスの発散、解消になります。短い時間ですと、30分程です。ご希望で長い時間のご修行も可能です。最後に佛さま神さまへの感謝を述べ、合わせて世界の平和、皆様の個人のご供養、祈願(お願いごと)をお祈りします。

・ぜひ、ご修行後の充実感、爽快感を味わって頂きたいと存じます。
なお、唱題行をご希望の方は灯明料として300円のご志納をお願いしております。

50名様程度まで1度に体験可能です。それ以上のご人数はお問い合わせ下さいませ。

                                  唱題行の様子

                      唱題行の様子1.JPG    会社の研修で唱題行をされる皆さん.JPG