最上さまのこと

ぴかぴか(新しい)最上(さいじょう)さまってどんなかみさま?

さいじょうさまペイントショップ画像1.jpg

  • 当坊は古来より商売繁盛、大漁豊作の神様として名高い最上さまをお祀りしております。京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、岡山の最上稲荷が日本三大稲荷とされています。
  • 当坊におきましては『身延の最上さま』として皆様に親しまれ、全国より多くの方にお参りを頂いております。裏山の山上には当坊境内を見下ろし、守護下さるように本社がございます。 

                             最上さま本社                      裏山の本社参道  

                     最上さま本社.JPG             裏山の本社参道.JPG 

  • また、門前には先代三十二世 日演上人の霊夢に三十一世 日宣上人が現れ、「山上の本社にまで行けない皆様の為にお参りができるよう、門前に分社を建立せよ。」との啓示により分社をお祀りしております。  

                           門前の分社                                                                  

             門前の分社.JPG                                     

 

  • 最上さまは正式には最上位経王大菩薩(さいじょういきょうおうだいぼさつ)とお呼びします。人々を救うことを誓った、法華経の守護神です。
  • 最上とは読んで字の如く最も上を、経王とはたくさんあるお経の中で、最も優れていることを意味し、共に法華経の事をさしています。  
  • 最上さまは女神(かなり美人)のお姿をしています。左の肩に稲のたばをかつぎ、右の手にはカマを持っています。また白いきつねに乗り、そのきつねは如意宝珠(にょいほうじゅ・お経の中で説かれるすごい宝もの)を口にくわえています。

                  最上さまのお姿                       最上さまを安置する御宝前

          最上さま 003.jpg          本社 の御宝前.JPG 

  • 左の肩の稲のたばは、最上さまが五穀豊穣のかみさまであることを示し、また食料をもって人々の生活を守護することを意味しています。
  • 右手のかまは農作を示し、さらに労働を守護し、悪をはらう意味を表しています。白いきつねがくわえている宝ものは、願いが叶い、幸せを手に入れられることを表しています。 
  • 八大龍王、三面大黒天、荒熊天王など77もの眷属(けんぞく・忠実な部下)を従え、人々を守護し、さまざまな願いを叶えて下さるとされています。 

 ぴかぴか(新しい)どんな願いをかなえてくれるの?  

  • 最上さまお願いランキング 

     1位・・・豊作、大漁 (最上さまかなり得意)

     2位・・・商売繁盛  (最上さまかなり得意) 

     3位・・・良縁成就  (最上さま得意) 

     4位・・・子宝、安産 (最上さま得意)

     5位・・・学業成就  (最上さまがんばる)

     6位・・・その他むずかしい願いごと (最上さま無理してがんばる)

 

  ぴかぴか(新しい)ごあんない 

  • 最上さまへのお願いごと、自宅や会社などに最上さまをおまつりされたい方、当坊住職までお気軽にお声をかけて下さい。 
  • 毎年2月12日は最上さまの大祭(お祭り)が行われます。お願いごとがある方、お願いごとが叶った方、みなさんで最上さまのご縁日をお祝いしましょう。お気軽に皆様お誘い合わせの上おこしください。
  • ご希望の方にはご案内を送らせて頂きますので、お申し付け下さい。