身延山

    日蓮宗 総本山 身延山 久遠寺

                日蓮宗 総本山 身延山 妙法華院 久遠寺.jpg 

 

  •  日蓮宗約5000ヶ寺の総本山。正式には身延山 妙法華院 久遠寺(みのぶさん みょうほっけいん くおんじ)と言います。3度の幕府への諫言を受け入れられなかった日蓮大聖人は、文永11年(1274)5月17日、領主 波木井実長公の招きにより身延山に入られました。後に住まわれた草庵を廃し、弘安4年(1281)11月24日に十間四面の堂宇を建立し、自ら身延山 妙法華院 久遠寺と名付けられました。
  • 「法華経、お題目を信仰する皆さんは、わたくし日蓮の魂が未来永遠に宿る身延山をもととしてお参りして下さい。」という御遺言のもと、身延山には日蓮宗の信徒はもちろんの事、法華経、お題目を信仰する皆様が全国よりお参りに来られます。
        
     拝 観 料       無  料  
     窓口受付時間

         4月〜9月

        10月〜3月 

              午前5時〜午後5時

              午前5時30分〜午後5時

     朝のお勤め    4月〜9月

        10月〜3月

              午前5時30分
              午前6時
     昼のお勤め             午後12時
     夕方のお勤め              午後3時
     

                     目写真でめぐる身延山

総門.JPG       
               
 
三門.JPG

                総  門

身延山の入り口に建つ門。門に掲げられた「開会関」の額は、全ての人々が法華経のもとに救われる、仏様の世界への入り口の門という意味です。 

                  三  門

身延山の正門。菩提梯の前に建つ門です。間口23m、奥行9m、高さ21mの総けやき造りの門は、関東三大門のひとつに挙げられます。山門ではなく三門なのは、仏教の教えの「空」、「無相」、「無願」の三解脱からきています。

 

菩提梯.JPG
 
 
大本堂.JPG

             菩 提 梯  (ぼだいてい)
三門と大本堂の間の急な長い石段が、菩提梯(ぼだいてい)です。菩提(悟り)へと至る階段を意味します。287段の階段は南無妙法蓮華経の7文字に合わせ、大きく7つの段になっています。階段わきは、男坂、女坂の2つの迂回ルートがあります。 

                大 本 堂
明治8年の大火で焼失しましたが、日蓮大聖人700遠忌の記念事業として、昭和60年に再建されました。朝の勤行、大法要などが行われます。天井には、加山又造画泊による「墨龍」の大作が描かれています。

          祖師堂.JPG 

         御真骨堂.JPG 

              祖 師 堂
日蓮大聖人を奉安するお堂です。大聖人の魂が棲(す)むお堂である所から「棲神閣」(せいしんかく)と呼ばれます。元々は江戸時代に時の徳川家11代将軍 家斉公の寄進により江戸の地に建立されたお堂を、明治14年、移築、再建しました。内部には大聖人、直弟子六老僧のご尊像がおまつりされ、また昭和天皇より賜った「立正」の勅額が掲げられています。 

             御 真 骨 堂
八角の堅牢なお堂に、日蓮大聖人の御真骨を奉安しています。廊下で繋がった、下部のお堂では全国の日蓮宗寺院より、僧侶、檀信徒が集い輪番奉仕の儀式が行われます。

           五重塔.JPG 

         仏殿納牌堂.JPG

                    五 重 塔
法華経、お題目信仰の象徴として、平成21年5月に実に134年ぶりに再建されました。設計から工法にいたるまで、400年前に建てられた元和時代の塔を復元しています。高さは38.2mで全国4番目となります。 

             仏 殿 納 牌 堂
特別法要などが行われるお堂です。全国の信徒の御遺骨が安置されています。仏殿前の2本のしだれ桜は樹齢約400年の巨木で知られます。

          御廟所.JPG 

         報恩閣.JPG 

                御 廟 所
日蓮大聖人の御遺言により、身延山の西谷に建立された墓所。八角の石塔の内部には、さらに、五輪塔の形をしたお墓が納められ、御真骨が奉安されています。 

               報 恩 閣
日蓮大聖人のご開帳やご祈願、ご供養等の受付窓口になります。御朱印もこちらで受け付けます。休憩所もございます。

        御草庵跡.JPG 

         奥之院 思親閣.JPG 

            御 草 庵 跡 
日蓮大聖人が住まわれた跡であり、久遠寺発祥の地です。大聖人はまさに、この場所で身延山での約9カ年を過ごされました。

        奥之院 思親閣 (おくのいん ししんかく)
身延山山頂のお堂です。日蓮大聖人が、道なき道を登られ、山頂より遠く、故郷、房州 小湊を拝し、亡き御両親、お師匠様にご供養あそばされたと伝えられます。この故事にちなみ、親を思うお堂、「思親閣」と名付けられました。山頂からは富士山や南アルプス、駿河湾等を望む事ができます。 

         七面山から望む富士山と御来光.JPG 

          千本杉.JPG

      七面山 敬慎院  (しちめんさん けいしんいん)
身延山の裏鬼門(南西)に位置し、七面大明神をお祀りしています。1982mの山頂には宿坊もあり、富士山、一の池など見所がいっぱいです。初心者の登山にも最適です。

               千 本 杉
標高1153mの身延山には、久遠寺後方に通ずる東側の参道と、西谷へと通ずる参道があります。千本杉は西側参道の6〜7合目にある美しい杉林です。県指定天然記念物でもあり、最高で高さ約50m、樹齢約300年ほどの杉、200本余りが勇壮な景観を作り出しています。