ご予約ありがとうございました

ご予約ありがとうございました

お問い合わせありがとうございました

お問い合わせありがとうございました
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅都道府県

(都道府県を選択して下さい。)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

ご祈祷・ご供養など

  • 当坊では、ご祈祷・ご供養を随時受け付けております。
  • ご宿泊の折、又、ご祈祷・ご供養のみも承りますので、お電話、メール、お手紙等でお問い合わせ下さいませ。なお、ご本人様が来られない場合でも行う事ができます。
  • 御符(ごふ)、お札等、地方発送致しますのでお問い合わせ下さいませ。
  • その他、ご相談(なんでもOK)もお受け致しますので、お気軽にご連絡下さいませ。(秘密厳守致します。)

お問い合わせ  ※文字化け等によりお問い合わせを拝見できない場合があります。返信が無い時は恐れ入りますがメール、お電話でお問い合わせ下さいませ。

 
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅都道府県

(都道府県を選択して下さい。)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

四季の風景

?????????i?V?????j写真でめぐる四季・・・画像をクリックすると拡大写真が閲覧出来ます!!

  ※写真が少なくてゴメンナサイ。少しずつ増えて参ります。

spring

久遠寺のしだれ桜 
親子しだれ・志摩房
 
     右近桜と本堂・志摩房
田植え修行の僧侶.JPG
 

     久遠寺 仏殿前のしだれ桜

 夜桜見物犬2010・志摩房.JPG

 

summer

初夏のつつじと中庭・志摩房.JPG
 
 
アジサイ・志摩房.JPG
ユリ・志摩房.JPG
  久遠寺の初夏のサツキと五重塔.JPG 七面山参道から望む身延山(手前)と甲府盆地.JPG   久遠寺の初夏のサツキと祖師堂・御真骨堂.JPG

  autumn

身延山の紅葉と七面山の大ガレ
身延山の紅葉.JPG
御廟所(日蓮大聖人のお墓)の紅葉.JPG
 
 穴場・久遠寺大本堂裏側のもみじ.JPG 身延山から望む紅葉の七面山.JPG 
身延山東参道途中の紅葉 身延山東側参道途中の紅葉2 身延山東側参道からの南アルプス連峰と紅葉

  winter   

冬の七面山から望む御来光.JPG
雪の七面山境内.JPG
雪の志摩房.jpg
雪の奥之院山門と日蓮大聖人お手植え杉
 
 元旦 身延山山頂より望む初日の出と富士山.JPG  久遠寺境内から望む雪の身延山山頂.JPG

周辺の見どころ

?????????i?V?????j身延山の見どころ年中行事

 1月1日〜3日 

 新年祝祷会(初詣)

 久遠寺
 2月 3日  節分会   久遠寺  
 2月12日   最上さま大祭・日傳上人報恩法要   志摩房 
 3月下旬〜4月上旬   しだれ桜見頃  身延山・志摩房
 4月下旬〜5月上旬   つつじ見頃  志摩房
 6月15日頃   御入山行列 ・開闢会  久遠寺・御廟所
 9月12日   奥之院大祭・龍口法難会   奥之院 思親閣 
 9月18〜19日   七面山大祭   七面山 敬慎院 
 10月11〜13日   宗祖御会式 ・万灯行列  久遠寺 
 12月31日   除夜の鐘   久遠寺

 

?????????i?V?????j周辺の見どころ

 身延山ロープウェイ.jpg

身延山ロープウェイ
身延山久遠寺と山頂の奥之院をつなぐロープウェイ。徒歩だと約2時間半の道のりも、ロープウェイだと約7分で山頂に到着します。ロープウェイから眺めると、身延山の違った姿を望む事ができます。

 身延山門前町.JPG

身延山門前町の商店街
身延山門前町には、仏具やおみやげを扱う多くの商店が軒を連ねています。銘菓、みのぶまんじゅうのお店をはじめ、おいしいカレーやラーメン、うなぎ、ゆば、椎茸を使ったオリジナルメニューがある食堂など、お食事処や喫茶店も充実しています。 

 上澤寺のさかさイチョウ.jpg

上澤寺のさかさイチョウ
身延町 下山の上澤寺は日蓮大聖人と志摩房を開いた日傳上人にまつわる霊場です。珍しい、さかさイチョウやお薬を扱う薬房・法喜堂があります。身延山より甲府方面に車で約10分。
 
本栖湖と逆さ富士.JPG
本栖湖(富士五湖)
身延町には富士五湖の一つである本栖湖があります。その景色は千円札にも描かれていることで有名。足をのばして、他の美しい湖と富士山の景観をご覧下さい。身延山より車で約60分。 
 
下部温泉.JPG
下部温泉郷
武田信玄の隠し湯知られる温泉。日帰り入浴のできる施設もあります。初夏にはホタルの姿も見ることができます。身延山より車で約20分。 
 

 

 

 

 

 
            

  
 
 
 
  

 

身延山

    日蓮宗 総本山 身延山 久遠寺

                日蓮宗 総本山 身延山 妙法華院 久遠寺.jpg 

 

  •  日蓮宗約5000ヶ寺の総本山。正式には身延山 妙法華院 久遠寺(みのぶさん みょうほっけいん くおんじ)と言います。3度の幕府への諫言を受け入れられなかった日蓮大聖人は、文永11年(1274)5月17日、領主 波木井実長公の招きにより身延山に入られました。後に住まわれた草庵を廃し、弘安4年(1281)11月24日に十間四面の堂宇を建立し、自ら身延山 妙法華院 久遠寺と名付けられました。
  • 「法華経、お題目を信仰する皆さんは、わたくし日蓮の魂が未来永遠に宿る身延山をもととしてお参りして下さい。」という御遺言のもと、身延山には日蓮宗の信徒はもちろんの事、法華経、お題目を信仰する皆様が全国よりお参りに来られます。
        
     拝 観 料       無  料  
     窓口受付時間

         4月〜9月

        10月〜3月 

              午前5時〜午後5時

              午前5時30分〜午後5時

     朝のお勤め    4月〜9月

        10月〜3月

              午前5時30分
              午前6時
     昼のお勤め             午後12時
     夕方のお勤め              午後3時
     

                     ??写真でめぐる身延山

総門.JPG       
               
 
三門.JPG

                総  門

身延山の入り口に建つ門。門に掲げられた「開会関」の額は、全ての人々が法華経のもとに救われる、仏様の世界への入り口の門という意味です。 

                  三  門

身延山の正門。菩提梯の前に建つ門です。間口23m、奥行9m、高さ21mの総けやき造りの門は、関東三大門のひとつに挙げられます。山門ではなく三門なのは、仏教の教えの「空」、「無相」、「無願」の三解脱からきています。

 

菩提梯.JPG
 
 
大本堂.JPG

             菩 提 梯  (ぼだいてい)
三門と大本堂の間の急な長い石段が、菩提梯(ぼだいてい)です。菩提(悟り)へと至る階段を意味します。287段の階段は南無妙法蓮華経の7文字に合わせ、大きく7つの段になっています。階段わきは、男坂、女坂の2つの迂回ルートがあります。 

                大 本 堂
明治8年の大火で焼失しましたが、日蓮大聖人700遠忌の記念事業として、昭和60年に再建されました。朝の勤行、大法要などが行われます。天井には、加山又造画泊による「墨龍」の大作が描かれています。

          祖師堂.JPG 

         御真骨堂.JPG 

              祖 師 堂
日蓮大聖人を奉安するお堂です。大聖人の魂が棲(す)むお堂である所から「棲神閣」(せいしんかく)と呼ばれます。元々は江戸時代に時の徳川家11代将軍 家斉公の寄進により江戸の地に建立されたお堂を、明治14年、移築、再建しました。内部には大聖人、直弟子六老僧のご尊像がおまつりされ、また昭和天皇より賜った「立正」の勅額が掲げられています。 

             御 真 骨 堂
八角の堅牢なお堂に、日蓮大聖人の御真骨を奉安しています。廊下で繋がった、下部のお堂では全国の日蓮宗寺院より、僧侶、檀信徒が集い輪番奉仕の儀式が行われます。

           五重塔.JPG 

         仏殿納牌堂.JPG

                    五 重 塔
法華経、お題目信仰の象徴として、平成21年5月に実に134年ぶりに再建されました。設計から工法にいたるまで、400年前に建てられた元和時代の塔を復元しています。高さは38.2mで全国4番目となります。 

             仏 殿 納 牌 堂
特別法要などが行われるお堂です。全国の信徒の御遺骨が安置されています。仏殿前の2本のしだれ桜は樹齢約400年の巨木で知られます。

          御廟所.JPG 

         報恩閣.JPG 

                御 廟 所
日蓮大聖人の御遺言により、身延山の西谷に建立された墓所。八角の石塔の内部には、さらに、五輪塔の形をしたお墓が納められ、御真骨が奉安されています。 

               報 恩 閣
日蓮大聖人のご開帳やご祈願、ご供養等の受付窓口になります。御朱印もこちらで受け付けます。休憩所もございます。

        御草庵跡.JPG 

         奥之院 思親閣.JPG 

            御 草 庵 跡 
日蓮大聖人が住まわれた跡であり、久遠寺発祥の地です。大聖人はまさに、この場所で身延山での約9カ年を過ごされました。

        奥之院 思親閣 (おくのいん ししんかく)
身延山山頂のお堂です。日蓮大聖人が、道なき道を登られ、山頂より遠く、故郷、房州 小湊を拝し、亡き御両親、お師匠様にご供養あそばされたと伝えられます。この故事にちなみ、親を思うお堂、「思親閣」と名付けられました。山頂からは富士山や南アルプス、駿河湾等を望む事ができます。 

         七面山から望む富士山と御来光.JPG 

          千本杉.JPG

      七面山 敬慎院  (しちめんさん けいしんいん)
身延山の裏鬼門(南西)に位置し、七面大明神をお祀りしています。1982mの山頂には宿坊もあり、富士山、一の池など見所がいっぱいです。初心者の登山にも最適です。

               千 本 杉
標高1153mの身延山には、久遠寺後方に通ずる東側の参道と、西谷へと通ずる参道があります。千本杉は西側参道の6〜7合目にある美しい杉林です。県指定天然記念物でもあり、最高で高さ約50m、樹齢約300年ほどの杉、200本余りが勇壮な景観を作り出しています。

  

            

             

                     

                                         

                                                             

                        

 

ご供養

  • 日蓮大聖人が約700年前、身延山で晩年の9年をご生活された折にも、多くのご信者さんが大聖人にお題目、法華経によるご供養をして頂こうとこの地を訪れました。
  • 現在でも大聖人の御魂の宿る身延山でご供養、ご納骨(分骨)を希望される皆様が後を絶ちません。
  • 当坊におきましても、ご先祖様、愛する亡きご家族、友人、またペット等のご供養を行っております。
  • 通常のご供養、ご納骨(分骨)お塔婆供養、年回忌のご法事ご葬儀、お盆、お彼岸のご供養、飲食店・生き物を扱うご職業に携わる方などの施餓鬼供養等、ご希望の形式にて行いますので、お問い合わせ下さいませ。

 

  • 法事・ご供養を営む日(基本的にご供養はいつ行ってもかまいません)
  • 命日(めいにち)

   亡くなられた日及び毎月の同じ日。

   一年以後の亡くなられた月の命日は祥月命日(しょうつきめいにち)と言います

  •  逮夜(たいや)

   命日の前夜にあたる日。

  • 初七日(しょなのか)

   命日を一日目とし、七日目の法事で初七日

      以降、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(四九日)に至ります。

  •  七七日(四十九日)

    この日を目安に納骨、埋葬等を行う場合が多いです。    

  • 百ヶ日 

       一周忌前の大切な忌日。

 

  • お塔婆供養(おとうばくよう)

ご供養の際はぜひ、お塔婆を建てられる事をお勧め致します。お釈迦さまの時代より続く大変功徳のあるご供養です。日蓮大聖人も信徒の皆さんにお塔婆の功徳を説かれ、お塔婆供養を営んでおられました。

私達が普段呼ぶお塔婆は正式には卒塔婆(そとば)と言い、古いインドの言葉である梵語のストゥーパを音写したものです。古代インドではお釈迦さまのご遺骨を奉安しお徳を讃えた仏塔の事をさしました。この仏塔が中国を経て日本に入り三重塔、五重塔となったと言われています。私達が現在お供えするお塔婆を見て頂くと、塔婆の上部に五段の切り込みがあります。これは五重塔の名残であり、下から地・水・火・風・空の五大と呼ばれる宇宙の構成要素を表しています。

南無妙法蓮華経と記されたお塔婆はまた、仏さまが法華経を説かれる世界を表します。仏塔即ちお塔婆を建て仏さまのご遺徳を讃え、合わせて亡き霊の法号(戒名)・俗名を一緒に記しご供養する事で、速やかに仏さまの世界へと導かれるのです。さらにはお塔婆供養を捧げる私達も大きな功徳を積む事が出来ます。また、お塔婆供養の功徳を捧げられたご先祖様や諸精霊は、その感謝を忘れず私達を陰になりご守護して下さいます。

日蓮大聖人もまたお塔婆供養の功徳について信徒の方にあてられたお手紙の中で次のように述べられております。

「亡き娘さんの十三回忌には卒塔婆を建ててその面に南無妙法蓮華経と写しなさい。すると、北風が吹けば、南の海の魚たちまで、その風に当たって大海の苦しみから救われ、また東風が起これば、西の山に棲む鳥やけもの達までも、その風にふれて畜生道からのがれてやがて天上界に生まれかわる事が出来るのです。ましてや、すすんで塔婆をたて自らの手にふれ、自分の目で確かめる人々が必ず仏となれる事はもちろんの事であります。

今は亡き父や母も、塔婆を建てて供養してもらった功徳によって、日月が闇を照らすように迷い苦しみから解き放たれ、仏さまの世界へと導かれるのです。

それと共に塔婆をたてて供養をした人は、自分の寿命をのばす事ができ、亡くなった後は父や母と同じように、仏さまの世界に生まれかわる事が出来るのです。この事は水が澄んでいれば必ずその水には月が写り、鼓を打てば響きが起こるのと、同じ事だと思いなさい。」(意訳)

 

 

 

 

                            お塔婆でのご供養                 大太鼓でのお題目供養

お塔婆でのご供養.JPG     大太鼓でのお題目供養.JPG

 

 

 

平成31年 年回忌早見表

 年 回  忌 

 亡くなられた年

 1 周 忌

平成30年

 3 回 忌

 平成29年 

 7 回 忌

 平成25年 

13 回 忌

 平成19年 

      17 回 忌

          平成15年

      23 回 忌

                  平成9年

27 回 忌

平成5年

 33 回 忌 

昭和62年

37 回 忌

昭和58年

43 回 忌

昭和52年

47 回 忌

 昭和48年 

50 回 忌

 昭和45年 

100 回 忌

  大正9年 

ご祈祷・ご祈願

  • 日蓮宗には世界三大荒行の一つに数えられる、百日の大荒行がございます。
  • 毎年、千葉県市川市の大本山 法華経寺の中に加行所が開かれ、11月1日より2月10日までの百日間を、1日、7回の水行(水をかぶり身を清める)と読経三昧に明け暮れます。その間は1日に2食のおかゆを摂り、3時間の睡眠という過酷な修行を行います。この大荒行の中で、日蓮宗独自の木剣(ぼっけん)を使用した加持祈祷(かじきとう)が相伝されるのです。
  • 当坊は身延山の中において祈祷を専門に行う坊としての歴史があり、現在も加持祈祷を用い、多くの皆様のご祈願をさせて頂いております。

                                       祈祷する住職

祈祷する住職.JPG

  • 皆様のご希望により、お釈迦さま、日蓮大聖人、最上さま、鬼子母神さま等、様々な神仏にご祈願を申し上げます。
  • ご祈願の内容は、家内安全・身体健全・病気平癒・商売繁盛・子宝成就・安産・厄除け・試験合格等がございます。
  • また、会社大規模店舗・家屋等新築の土地のお清め、自動車の安全祈願のご祈祷も行っておりますので、分からない場合は住職までご相談下さい。

                                       車の安全祈祷

    車の安全祈祷.JPG

 

  • ご祈祷をお申し込みの方には、皆様の祈りを込めた木札、お守り等をお持ち帰り頂いております。

                                            木  札                   お守り各種

                      木札.jpg          お守り各種.JPG

 

  • またご病気の方には、当坊秘伝の服用するお守り、秘妙符(御符)もございます。秘妙符とは法華経の中の特に大切なお経文、また諸天善神が人々を守護する事を誓ったじゅ文を記した、服用するお守りです。                                                                           
  • 日蓮大聖人も病気の信徒に与えておられました。現在はオブラートに紅でお経を記し、当坊では住職により大荒行相伝の祈祷修法と当坊秘伝の祈祷が施されています。

                        秘妙符の包み          オブラートに紅でお経が記された秘妙符

    秘妙符の包み.JPG            オブラートに紅で呪文が記された秘妙符.JPG

 

最上さまのこと

?????????i?V?????j最上(さいじょう)さまってどんなかみさま?

さいじょうさまペイントショップ画像1.jpg

  • 当坊は古来より商売繁盛、大漁豊作の神様として名高い最上さまをお祀りしております。京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、岡山の最上稲荷が日本三大稲荷とされています。
  • 当坊におきましては『身延の最上さま』として皆様に親しまれ、全国より多くの方にお参りを頂いております。裏山の山上には当坊境内を見下ろし、守護下さるように本社がございます。 

                             最上さま本社                      裏山の本社参道  

                     最上さま本社.JPG             裏山の本社参道.JPG 

  • また、門前には先代三十二世 日演上人の霊夢に三十一世 日宣上人が現れ、「山上の本社にまで行けない皆様の為にお参りができるよう、門前に分社を建立せよ。」との啓示により分社をお祀りしております。  

                           門前の分社                                                                  

             門前の分社.JPG                                     

 

  • 最上さまは正式には最上位経王大菩薩(さいじょういきょうおうだいぼさつ)とお呼びします。人々を救うことを誓った、法華経の守護神です。
  • 最上とは読んで字の如く最も上を、経王とはたくさんあるお経の中で、最も優れていることを意味し、共に法華経の事をさしています。  
  • 最上さまは女神(かなり美人)のお姿をしています。左の肩に稲のたばをかつぎ、右の手にはカマを持っています。また白いきつねに乗り、そのきつねは如意宝珠(にょいほうじゅ・お経の中で説かれるすごい宝もの)を口にくわえています。

                  最上さまのお姿                       最上さまを安置する御宝前

          最上さま 003.jpg          本社 の御宝前.JPG 

  • 左の肩の稲のたばは、最上さまが五穀豊穣のかみさまであることを示し、また食料をもって人々の生活を守護することを意味しています。
  • 右手のかまは農作を示し、さらに労働を守護し、悪をはらう意味を表しています。白いきつねがくわえている宝ものは、願いが叶い、幸せを手に入れられることを表しています。 
  • 八大龍王、三面大黒天、荒熊天王など77もの眷属(けんぞく・忠実な部下)を従え、人々を守護し、さまざまな願いを叶えて下さるとされています。 

 ?????????i?V?????jどんな願いをかなえてくれるの?  

  • 最上さまお願いランキング 

     1位・・・豊作、大漁 (最上さまかなり得意)

     2位・・・商売繁盛  (最上さまかなり得意) 

     3位・・・良縁成就  (最上さま得意) 

     4位・・・子宝、安産 (最上さま得意)

     5位・・・学業成就  (最上さまがんばる)

     6位・・・その他むずかしい願いごと (最上さま無理してがんばる)

 

  ?????????i?V?????jごあんない 

  • 最上さまへのお願いごと、自宅や会社などに最上さまをおまつりされたい方、当坊住職までお気軽にお声をかけて下さい。 
  • 毎年2月12日は最上さまの大祭(お祭り)が行われます。お願いごとがある方、お願いごとが叶った方、みなさんで最上さまのご縁日をお祝いしましょう。お気軽に皆様お誘い合わせの上おこしください。
  • ご希望の方にはご案内を送らせて頂きますので、お申し付け下さい。

交通手段

?????????i?V?????j東京方面より 

 

   ?dヤ 電車で

  • 新宿-(JR中央本線特急/約1時間40分)-甲府-(JR身延線特急/約1時間)-身延
  • 東京-(JR東海道新幹線/約1時間15分)-新富士・富士-(JR身延線特急/約1時間)-身延

 

   ヤ?i?Z?_???jお車で

  • 東京-(中央自動車道・中部横断道)-増穂IC-鰍沢-(国道52号)-身延/約3時間
  • 東京-(中央自動車道)-南甲府IC-鰍沢-(国道52号)-身延/約3時間
  • 東京-(東名自動車道)-富士IC-富士宮-芝川-(国道52号)-身延/約3時間
  • 東京-(東名自動車道)-富士川SA(スマートIC※ETCのみ)-芝川-(国道52号)-身延/約3時間
  • 東京-(東名自動車道)-御殿場JC-(新東名自動車道)-新富士IC-富士宮-芝川-(国道52号)-身延/約3時間

 

   ?o?X高速バスで

  • 新宿西口バスターミナル-(中央自動車道)-身延山バス停/約3時間半
新宿西口バスターミナル発 07:40 09:40 16:20 17:40 19:00  20:50
身延山バス停着 11:01 13:01 19:41 21:01 22:21 0:11

 

身延山バス停発 05:50 07:30 09:10 13:10 15:10  16:30
新宿西口バスターミナル着 09:11 10:51 12:31 16:31 18:31  19:51

  

?????????i?V?????j関西方面より

   ?dヤ電車で

  • 新大阪-(JR東海道新幹線/約2時間50分)-新富士・富士-(JR身延線特急/約1時間)-身延

   ヤ?i?Z?_???jお車で

  • 小牧IC-(中央自動車道・中部横断道)-増穂IC-鰍沢-(国道52号)-身延/約4時間30
  • 小牧IC-(東名自動車道)-清水IC-(国道1号)-興津-(国道52号)-身延/約3時間
  • 小牧IC-(東名自動車道)-三ヶ日JC-(新東名自動車道)-新清水IC-穴原(国道52号)-身延/約3時間

地図・志摩房へのアクセス


大きな地図で見る

 

  • 身延山のバス停からは、徒歩5分となります。
  • 門前町の途中、平多屋食堂さんと河内屋食堂さんのあるT字路が東谷参道の入り口です。
  • 東谷参道に入り100m程進みますと、右手にある2本並んだ親子のしだれ桜と朱い門が当坊の目印です。

志摩房/地図.jpg

お料理のご案内

?????????i?V?????jお料理のご案内・・・・・お料理の散歩/画像をクリックすると拡大写真が閲覧出来ます

  • 地元で獲れたお野菜を中心に季節感あふれる素朴な家庭料理から、身延名産のゆばを使用した体にやさしいお料理を心がけております。また、季節により手作りこんにゃく等も、ご賞味頂けます。
  • また、当坊の境内地で収穫されたザクロ、ゆずなどを使用したデザートなど、四季折々のお味をお楽しみ頂きたいと存じます。
  • 当坊では大女将を始め、若女将、住職も調理師免許を取得しております。伊豆下田で生まれ育った大女将は幼少より伊豆の山海の幸の調理を仕込まれ、東京にて専属家政婦を務めた長年の経験を活かし調理を致しております。また、若女将は近年注目されております、文部科学省後援の家庭料理技能検定2級、並びに食生活アドバイザー2級を取得。日々、調理技能の向上に努めております。

               定番手作り ごま豆腐            おだしのうまみをたっぷり含んだ冬瓜の煮物 

         定番手作りごま豆腐.JPG          おだしのうまみをたっぷり含んだ冬瓜の煮物.JPG

 

  • 基本的に大広間にてお食事となりますが、ご人数により、個室お食事処、お部屋食となります。アルコール類、その他、持ち込みもOKです。
  • 団体様用テーブル席は最大64名様まで可能です。

     ※季節によりお料理の内容は変わりますので、ご了承下さいませ。

            ゆるり庵でおくつろぎ下さい/個室お食事処 ゆるり庵                                           食堂(じきどう・お食事用大広間)   

    ゆるり庵.JPG 個室お食事処ゆるり庵.JPG   食堂(じきどう・お食事用大広間).jpg 食堂(テーブル席使用時).JPG          

 

?????????i?V?????j大女将のこだわり 

  • 静岡県は伊豆 下田出身の大女将のこだわりは、ずばりお米。下田の実家では毎年、コシヒカリを栽培しています。
  • 当坊では、伊豆の山中より湧き出た澄んだ水と下田の太陽をいっぱいに浴びて育った、この下田産コシヒカリをメインに使用しています。お米本来のおいしさを、どうぞお召し上がりください。 

    当坊使用のお米が実る伊豆 下田の水田.JPG                                                                                                  当坊使用のお米が実る伊豆下田の水田

 

 

大女将がゆであげる 手作りコンニャク.JPG 大女将がゆであげる 手作りコンニャク                                                                                                                     

                                                      自家製味噌を仕込む大女将  自家製味噌を仕込む大女将と早川おじさん.JPG

  

 

 

 

 

  ?????????i?V?????j若女将のこだわり 

  • 元大手デベロッパーでOLをしていた若女将。手荒れに涙しながらも、皆様にお料理をお楽しみ頂こうと日夜、メニューの創作に励んでいます。
  • 境内で収穫した果実や山菜を使用し、ゆず味噌、ゆずシャーベット、ザクロのリキュール、  山菜料理など、できる限り手作りを心がけております。
  • その日のメニューを控え、お越し頂く度に新しい味をお楽しみ頂きたいと存じます。

                                                                                                                                                                                                                                            若女将自信作 あまーいさつまいものオレンジ煮.JPG

  

 

 

  若女将のお気に入り   あまーいサツマイモのオレンジ煮

                                                                                                                                                                                     

                                                                      

豆乳ゆば鍋.JPG                                                       

                                                  豆乳ゆば鍋                                               

 

 

                                                      ほっこり大根お肉餡かけ.JPG

                                                      

 

 

    ほっこり大根お肉あんかけ

                                      

 ザクロ寒天.JPG                                                     女性の味方 ザクロ寒天

 

 

                                                                      新じゃが千切りサラダ.JPG 

   

 

  新じゃが千切りさっぱりサラダ

 

      

 

山梨産甘〜いコーンの冷製ポタージュ.JPG                                                山梨産甘〜いコーンの冷製ポタージュ 

 

 

 

 ?????????i?V?????j住職のこだわり 

  • 健全な心身は、おいしいお料理から。お米やザクロはまず、当坊の本堂で仏様、神様にお供えします。
  • さらに、お召し上がり頂く皆様の、ご健康とご長寿の祈りを込め、ご祈祷を施しております。
  • どうぞ、当坊のお料理で健康とご利益を頂いて下さいませ。                       

ザクロは鬼子母神様にお供えしてからお料理に・・・ ザクロは鬼子母神さまにお供えしてしてからお料理に.JPG

 

 

 

 

   

 

 

?????????i?V?????jお料理の一例  

お料理の一例.JPG

お料理の一例 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

?????????i?V?????jある日の夕のお献立 ※季節によってお料理の内容は変わります

  • ざくろの食前酒
  • 自家製香の物
  • ごま豆腐
  • 生ゆばと手作りコンニャクのお刺身
  • こうや豆腐のはさみ煮
  • 豆乳ゆばなべ
  • 山菜・野菜のてんぷら
  • ゆずシャーベット
  • 下田産コシヒカリのおいしいごはん
  • お吸い物

宿泊のご案内

?????????i?V?????j 宿泊のご案内

  • 本堂、客室を兼ねたお部屋からは池と庭園を望むことが出来ます。  

     本堂兼客室の一例.jpg             志摩坊5月初旬つつじ.jpg

 

  • その他、別棟のお部屋は築30年を数えますが、快適にお参り頂けますよう改築を重ね、全室に冷暖房を完備しております。

     客室の一例.jpg       浴室.jpg

  •  浴場にはシャンプー、ボディーソープをご用意しております。 

宿坊は基本的にお寺であり、ご修行・お参りの為のお宿です。ホテル・旅館のようなサービスは出来かねます。

トイレは全館共用、客室は全室禁煙(指定の喫煙場所で可)となりますが、ご了承下さいませ。また、温泉、カラオケ、コンパニオン等の手配もございません。設備の面でも皆様にはご不便をおかけ致しますが、くれぐれもご了承を頂きました上、ご予約をお願い致します。

宿泊料金 

◇1泊2食 大人9000円(税込)中学生以上は大人料金とさせて頂きます。

              子供7500円(税込)小学生まで。幼児は応談下さいませ。

団体様は料金ご相談可

ご宿泊の皆様には最安値でのご提供をさせて頂いております。ポイント付与はありませんが、大手予約サイト利用による料金上乗せはございません。誠に勝手ながら、お電話、メール、FAXより直接ご予約をお願い致します。

◇1泊朝食  7000円(税込)      

◇素泊まり  5000円(税込)

※ 12月30日〜1月5日まではお正月料金の為、10000円(税込)となります。

◇昼食 3000円にて5名様以上から承ります。なお、ご宿泊とご昼食をご希望の方はご相談に応じます。お問い合わせ下さいませ。

収容人員  80名(団体様は30名様位でのご利用がおすすめです) 
客室 

10室 (1階3室・2階7室ふすま仕切りの部屋を含みます)

基本的にご人数に応じてこちらでお部屋割をさせて頂いております。 ご希望がございましたら、対応させて頂きますので、ご予約時にご相談下さいませ。 

お食事処

 大広間(テーブル席最大60名様・お膳約80名様)個室食事処(テーブル席最大8名様)

完備  タオル小・歯ブラシ・浴衣・ジュース自販機・テレビ・冷暖房設備等あり。 
WiFi対応(ギガらくWi-Fi・NTT光ステーション)1階玄関ロビー周辺のみ。

ご希望の方には久遠寺の朝のお経へのお送りあり。基本お帰りはお散歩がてら徒歩をお願いしております。

その他の場所へのご移動はお客様でご手配を願います。 

駐車場  乗用車5台 マイクロバス2台 大型バス1台 

(大型バスで町営駐車場をご利用の場合はご送迎、お荷物の搬送を承ります) 

 ?????????i?V?????jご予約の方法

◇ ご予約は電話、メール、FAXにてお申し込み下さい。

  • 当方とご予約が確認できました時点で確定をさせて頂きます。 
  • TEL  0556-62-0271
  • FAX  0556-62-3339
  • メール ホームページ内お問い合わせメールよりご連絡下さいませ
  • チェックイン・アウトは基本的には決まっておりませんが、15時イン、10時アウトを目安でお願い致します。早めの御到着、翌日のおでかけ後の際はお荷物をお預かり致します。

志摩房の歴史

1744年前、日傳聖人(善智法印)により開創されました 

  • 当坊は、建治元年(1275年)2月8日、中老僧 肥前公 恵朝阿闍梨 日傳聖人(ちゅうろうそう ひぜんこう えちょうあじゃり にちでんしょうにん)によって開創されました。
  • 日傳聖人はもと真言宗の山伏で、善智法印(ぜんちほういん)と称しておりました。現在、身延山より甲府方面に車で30分ほど向かいますと、富士川町という町があり、そこに小室山という山がございます。今より約750年前の昔、小室山には真言宗の寺院があり、現在の関東一帯の真言の寺院を治めるほどの古刹でありました。
  • 善智法印はこの寺院において真言、修験の道を修め、ついには住職となりました 。

2善智法印と日蓮大聖人との法論、法力対決

大岩を使った法力対決.JPG日蓮大聖人は文永十一年(1274)5月17日に身延山に入られ、しばらくの間、甲州の地を法華経、お題目の教えを布教に周られました。その折、善智法印が大聖人の噂を聞きつけ、法論、法力対決を挑みました。

  • 伝説によると、善智法印が真言を唱え、空中に大きな岩をうかび上げると、大聖人が法華経、お題目を唱え、その岩をおろせなくしてしまったと伝えられます。
  • あっけなく、対決に敗れた善智法印はその場では大聖人に降伏をしました。しかし、内心、怒りの治まらない善智法印は大聖人の後を追いかけ、毒殺を試みたのです。

 

 

 

 

3善智法印、日蓮大聖人に弟子入り、日傳(にちでん)と名を授かる 

  • 現在、身延山より車で10分程の所に、逆さイチョウで名高い、上澤寺(じょうたくじ)というお寺がございます。当時はこのお寺も真言のお寺でありました。
  • 善智法印は当時のこのお寺の住職、法喜阿闍梨と相談し、帰路の大聖人にこのお寺での休憩をもちかけ、毒入りのぼた餠を差し上げました。

懺悔し弟子入りを請う善智法印.JPG勧められるがままに、大聖人がぼた餅を食べようとした、まさにその時、どこからともなく1匹の白い犬があらわれました。大聖人は、お前も食べたいであろうと、ぼた餅を犬にあげたところ、一口食べた犬は血を吐き、たちまちに絶命してしまいました。

この光景を目の当たりにした善智法印は、大聖人の不思議な神佛のご加護の前についに観念し、心からお詫び申し上げ、弟子入りをお願いしました。

  • 大聖人は、「おのずからよこしまにふる雨はあらじ 風こそ夜半の窓を打つらめ」と和歌を詠み、雨も風によってまっすぐ落ちずに、窓へと当たる、同じように善智法印も正しい心を持っていても、間違った教えにより道を誤っただけなのだと諭され、新たに日傳(にちでん)と名を授け、弟子入りをお許しになりました。

 

 

 

 

4志摩房の開創

  • 日傳聖人は以降、大聖人のおそばで懺悔、お給仕申し上げるべく、自らの庵を要行院 志摩房と名付け、開創したのであります。
  • 現在の志摩房は東谷の地にございますが、当時は町営駐車場の上方にあり、この地を日傳上人自ら醍醐(だいご)と呼ばれたことから、その一体を醍醐谷と称すようになったと伝えられております。
  • 志摩房において常随給仕すること三年を経て小室山へ帰り、寺も妙法寺と名付け日蓮宗の寺に改めました。

5そして現在へ  

  • 志摩房は身延山久遠寺第六世法主 実教阿闍梨日院上人が二世となり、日傳上人の俗弟と云われた朝学院日義上人が三世を継いで基礎を固められました。
  • 文政十三年(1830年)には、現在の志摩房の地にあった秀悦坊と地所を交換し、醍醐谷から移転。後に数度の合併を経て現在に至っております。
  • 合併した坊の歴代上人を加えますと、ゆうに百代以上の住職が居られます。

   当地に落ち着いてからの志摩房は現住職 佐藤順行(さとう じゅんぎょう)で三十三代目。744年の歴史がございます。         日蓮宗公式ゆるきゃらこぞうくん&現住職 .JPG 

 

6志摩房歴代一覧

     開 創

    中老僧 恵朝阿闍梨 日傳聖人

    大聖人直弟子・小室 妙法寺開山

      2世 実教阿闍梨 日院上人 身延山第6世
      3世  朝学院日義上人   
      4世  要行院日健大徳   
      5世 要行院 日怡大徳   
      6世 要行院 日豪上人   
      7世 要行院 日純上人  身延山第22世日遠上人弟子
      8世 要行院 日達上人   
      9世 十如院 日大徳  身延山第26世日暹上人弟子
     10世 法性院 日逗上人   
     11世 顕了院 日盛上人  身延30世日通上人弟子・麓坊・高雲庵歴世
     12世 観妙院 日完上人  身延山第32世日省上人弟子
     13世 要行院 日命上人  当院第12世日完上人弟子
     14世 大如院 日巧上人   端場坊歴世
     15世 泉應院 日静上人  身延山第41世日妙上人弟子
     16世 禎祥院 日秀大徳   
     17世 専妙院 日信上人  高雲庵歴世
     18世 教如院 日専大徳   
     19世 連樹院 日長上人   
     20世 潮哲院 日幸上人   
     21世 教智院 日行上人  常経坊・通感坊歴世 
     22世 太枢院 日玄上人  福泉坊・岸之坊歴世 
     23世 太量院 日考上人  覚林房・京都 通妙寺歴世 
     24世 太秀院 日忠上人   
     25世 妙俊院 日寿上人  覚林房・北之坊・戒善坊歴世
     26世 顕隆院 日勢上人  麓坊歴世
     27世 遠寿院 日徳上人  秀悦坊・法雲坊歴世
     28世 善教院 日受上人   
     29世 慈竜院 日昌上人  京都 妙竜寺歴世
     30世 本鏡院 日惇上人  東京 長耀寺歴世・経泉坊歴世
     31世 本寿院 日宣上人  身延 妙法寺歴世・思親閣38代別当
     32世 本要院 日演上人 七面山113代別当
     33世 本谷院 日学 ※現住職 (ほんこくいん にちがく)

志摩房のご案内

  • 身延山には、日蓮宗総本山久遠寺を中心に東谷、西谷、中谷の3つの谷に31の坊が点在しております。その中でも、約20の坊が宿坊(しゅくぼう)として、全国よりお参りの皆様にお泊りを頂いております。
  • 要行院 志摩房(ようぎょういん しまのぼう)はその中の1つであり、平成31年で744年の歴史を迎えました。身延山の宿坊の中で現存する、最も歴史の長い坊でございます。
  • 東谷参道の入り口に位置し、門前町にも近くお買い物にも便利でございます。
  • また、当坊門前の親子しだれ桜や右近桜、つつじなど四季折々の花も見どころの一つです。
  • 身延山へのご参拝、また観光の折は、ぜひ ご宿泊下さいませ。
  • なお、ご祈祷、ご供養、写経体験、唱題行(瞑想を含む)なども承りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

写真で散歩・・・画像をクリックすると拡大写真が閲覧出来ます!!

志摩房坊名石碑.JPG 

  山門 平成33年建立100年.jpg

玄関ロビー.jpg  玄関上の巨木梁.JPG  本堂内.jpg 

 

紅しだれとはなもも.jpg 

 

右近桜.JPG 

 山号額 池上本門寺第83世日彰猊下御染筆.jpg

 

アジサイ.JPG 

 

本堂.JPG 

  夜桜ライトアップと夜桜見物犬.JPG  サンザシ.jpg    ザクロ.JPG  池をかこむつつじ.jpg   しだれ白梅と雪の鷹取山.jpg 
個室お食事処・ゆるり庵.JPG 中庭とつつじ&枯山水.JPG

 中庭と池.JPG

さいじょうさま分社と案内板.JPG 前庭の池と龍の口.JPG